好きにさせて

親のありがたみとは?

40代を前にして思う。

それこそ10代の頃、大学受験までは親の

いいなり。特に母の。


でも、それに反発して今に至る(笑)



母の影響は大きいね。

だから自分も気にかけないと

と思う。

けど、そんな重荷背負いたく

ないとも思う。



母ならそんな責任あるのか?

ある。

けど、

ない。

ある。


自分が母にずっと左右されてきた

から自分はそうありたくない。

本当ね、結婚して家族をもってからも

これは理解してもらえないかも?  

こんなことしてたら怒られるかも?

とか。

なにせ母の対応が気になって仕方なかった。

これは、分からない人には分からないと思う。

でもね、最近母も歳をとり、

私に無関心になってきた。


体力がないのかな。

きっと、あきらめがあるのかな。。

でもこれも、気づきが‘楽しい、それを面白がる’ 

樹木希林さんの

‘死ぬときぐらい好きにさせてよ’

の本読んで、、  


まだまだ理解できなくて、、

でも理解できた部分に自分の成熟を

感じ、、
 

まだまだと感じた春です。

人にたいして評価してしまう自分はまだまだだし。

まっすぐ生きたいと思う人に憧れたり。 

私はまだ、経験が必要なようです。  

これからも‘好きにさせて’

と思いつつ、

いい感じに仕上がったらいいなと思う今日この頃。














 




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック